« 8/12(膀胱麻痺 その5) | トップページ | 8/20,21,22,23(膀胱麻痺 その7) »

8/15,18,19,20(膀胱麻痺 その6)

8/15  本日は、金曜日のため、午前診療のみの日。

私は、17日までお盆休みのため、午前中は完全OFFでした。土日の午前感覚で獣医さんへ行きました。

最初の体重、4.35㌔(いつもと同じ。sweat01sweat01)本日の採尿は250cc。いつも通りの血尿。sad

全然回復の兆しなし。ただ、膀胱洗浄を繰り返して古いけっぺい(けっぺんかな?? 赤血球の古くなった塊です。sweat01)は、少なくなってきたなぁと思いました。「また、たまりましたら、おいでくださーーい」のようなことを言われて(この通りには言ってませんが、私の頭の中では、このように響いた)獣医さんを後にしました。

8/18 この日から私は仕事でした。

仕事は、午後17時で終わり。いつも混む獣医なので、混み具合いを確認しようと、電話をかけてみると・・・・・・留守電・・・・・

「本日は、緊急手術が入りましたので、午後の診療を休診させていただきます・・・・・」

なんてこったぁぁぁ(>_<) チャペくんは、今日行かないと明日、マズイ状態になるのに・・・・・

この日の反省・・・ 電話なんかで確認しない方がよかった。

会社帰りにすぐにいけば診てもらえた可能性が高かった。。。

チャペくんは、次の日まですごく苦しい思いをすることになりました。。。

8/19(火曜日) 17時ちょいすぎ・・・・・

会社の駐車場で、また獣医さんに電話するワタシ・・・・・またも、留守電・・・・・

「本日は、休診日のため・・・・・・うんぬんかんぬん」

確か、火曜日は、17時から18時までは、(治療を休めない患畜のためだけに)開いていたはず。。。(今年の4月、ユキチがこの休診日診療のおかげでよくなりました。)家へ帰って、チャペくんをケージに入れて(お散歩か、ドライブしたいのぉというユキチを振り切って)ぶぶーんと医者へ・・・・・

着いたのは17時半すぎでした。休診日だというのに私の前に5人の飼い主さんが座っていらっしゃいました。

本日の担当は院長先生でした。「今日は、尿疾患の子たちがこれで4匹目」とおっしゃってました。膀胱炎,尿結石,軽度の膀胱麻痺,そしてうちのチャペくん重度の膀胱麻痺。。sweat01

(暑い時期は細菌が繁殖しやすく、このような疾患が多いそうです。)

とりあえず、体重測定。4.35㌔。(ケージを持った感じではもっと重いかなぁと思ってました)

いつも通りの採尿。

本日の採尿量

     300cc!! 多すぎる!!

院長先生

「足がもつれたりすることはありませんか??」

「そういえば、後ろ足が最近ヨロヨロしていると思います。」

簡単な検査(宙ぶらりん状態にして、後ろ足を片方ずつ引っ張る検査)をした結果、チャペくん、脊椎麻痺の可能性(椎間板ヘルニアの可能性)があるとわかりました。今日は、休診日でシッコを採る以外できないけど、今度は、一般の日に来てくださいとのことでした。

その日の夜、家族みんなでくつろぎタイム。smile

「どれどれチャペ、シッコとってきたばかりのお腹を触らせなさい」

と男ご主人がチャペの膀胱をモミモミ。。。「うーーん、そんなにしぼんでないぞ」

チャペくんの膀胱が普通の猫さんの3倍くらいに膨れ上がっていて、おまけに、いつもシッコで一杯状態だったため、獣医さんで採尿してもらっても、しぼむことができないのかな?? (という私の素人診断。sweat01

8/20 ・・・

朝、チャペくんの膀胱がある位置を触ってみる。。けっこう、張っている状態。前回、1日遅く獣医さんへ行ったので、いつもより溜まるのが早いのかもしれない(素人の考え)

チャペくん、食欲はあるけど、だるそう。。そばにいるネムは心配そう。。

目の色がいつもより澄んでいない。。これはヤバイぞと思いながらも とりあえず仕事へ・・

(次へ続きます・・・)

« 8/12(膀胱麻痺 その5) | トップページ | 8/20,21,22,23(膀胱麻痺 その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8/12(膀胱麻痺 その5) | トップページ | 8/20,21,22,23(膀胱麻痺 その7) »