« 8/24~30(膀胱麻痺 その8) | トップページ | チャペのお見舞いに行ってきました。 »

8/31(膀胱麻痺 その9)

8/31

今日は、昨日採尿していないため、午前中に病院へ行きました。体重4.3㌔。お医者さんが腹部を触ってみると、昨日採っていない為、(ここ2週間の間の中では)一番溜まっているとのこと。そして、採尿。量は、250cc強でした。(半日採尿を遅らせたら、2倍の量!?despair

毎日の投薬と通院でへこみ気味の私。チャペは、「病院に行くと体が軽くなる」と学習して楽しそうに見える。(お願い、自分で排尿して。。)

何とか自力排尿してほしい私。素人なりに考えつくことをいろいろ獣医さんにききました。

「尿路を短く太くする手術(♂の尿道は♀より長いので、尿を出やすくする)をしたら、尿が出るようになりませんか??」

獣医さん

「今のチャペちゃんは、尿が溜まっても自分で排尿したいという欲求がない状態。その手術は出やすくするだけです。(自分で出したいという欲求が出ないと効果はないです。)」

「排尿の際に痛みを感じるという猫さんもいるようですが、そういった類で出ないのではないでしょうか??」

獣医さん

「排尿痛を抱える子は、むしろ自分でいきんで出そうとする子がほとんどです。チャペちゃんの場合、出そうという意思がないということは、それも考えられないと思います。」

「(連続通院も明日でちょうど2週間。)薬もあまりきいてないようですし、最後の手段で入院して様子を見るということはできないでしょうか?」

獣医さん

「(カテーテルを)つなぎっぱなしということでしょうか??」

「はい。つなぎっぱなしにして、膀胱がずっと空の状態を保って、その後外して様子を見るというのはどうでしょうか???」

獣医さん

「やってみましょうか??」

ということで、チャペくんは入院して様子を見ていただくことになりました。とりあえず、1週間入院予定。(飼主の都合もあり、短くなることもあります。(--;))

予定では。。。最初の3日カテーテルつなぎっ放し(要はたれ流し状態)で、次の3日は外して様子を見る。たまっていたら採尿??(状況次第ということです。)

膀胱はゴム風船のようなものです。いっぱい水を入れたら、膨らむ。水を抜いたらしぼむ。チャペの場合、水を抜いても膨らみっぱなしのゴム風船状態なのでは?と思います。それなら、常にしぼんだゴム風船になっていられる状態を一定の時間保てば、(もしチャペの膀胱に自己回復する力があるならですが)どんどんしぼむのではないか?その状態で尿が溜まれば、今よりも少量で尿意をもよおすようになるのではないか??という素人考えです。

お金はかかりますが、もし、少しの期間入院して治るのなら、今までのように通院して採尿を続けるよりは考えようによっては安くあがります。もし、治らなかったら....いや、今は考えないようにします。

人間のエゴかな? 獣医さんも薬を変えたり増やしたりするしか方法がなく、いろいろ試しても今まで効果がなかったので、この方法しかなかったと思う。(チャペくん、ごめんね。)

チャペくん、面会に行くね。待っててね。そして自力排尿できるようになって帰ってきてね。

« 8/24~30(膀胱麻痺 その8) | トップページ | チャペのお見舞いに行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8/24~30(膀胱麻痺 その8) | トップページ | チャペのお見舞いに行ってきました。 »