« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

8/31(膀胱麻痺 その9)

8/31

今日は、昨日採尿していないため、午前中に病院へ行きました。体重4.3㌔。お医者さんが腹部を触ってみると、昨日採っていない為、(ここ2週間の間の中では)一番溜まっているとのこと。そして、採尿。量は、250cc強でした。(半日採尿を遅らせたら、2倍の量!?despair

毎日の投薬と通院でへこみ気味の私。チャペは、「病院に行くと体が軽くなる」と学習して楽しそうに見える。(お願い、自分で排尿して。。)

何とか自力排尿してほしい私。素人なりに考えつくことをいろいろ獣医さんにききました。

「尿路を短く太くする手術(♂の尿道は♀より長いので、尿を出やすくする)をしたら、尿が出るようになりませんか??」

獣医さん

「今のチャペちゃんは、尿が溜まっても自分で排尿したいという欲求がない状態。その手術は出やすくするだけです。(自分で出したいという欲求が出ないと効果はないです。)」

「排尿の際に痛みを感じるという猫さんもいるようですが、そういった類で出ないのではないでしょうか??」

獣医さん

「排尿痛を抱える子は、むしろ自分でいきんで出そうとする子がほとんどです。チャペちゃんの場合、出そうという意思がないということは、それも考えられないと思います。」

「(連続通院も明日でちょうど2週間。)薬もあまりきいてないようですし、最後の手段で入院して様子を見るということはできないでしょうか?」

獣医さん

「(カテーテルを)つなぎっぱなしということでしょうか??」

「はい。つなぎっぱなしにして、膀胱がずっと空の状態を保って、その後外して様子を見るというのはどうでしょうか???」

獣医さん

「やってみましょうか??」

ということで、チャペくんは入院して様子を見ていただくことになりました。とりあえず、1週間入院予定。(飼主の都合もあり、短くなることもあります。(--;))

予定では。。。最初の3日カテーテルつなぎっ放し(要はたれ流し状態)で、次の3日は外して様子を見る。たまっていたら採尿??(状況次第ということです。)

膀胱はゴム風船のようなものです。いっぱい水を入れたら、膨らむ。水を抜いたらしぼむ。チャペの場合、水を抜いても膨らみっぱなしのゴム風船状態なのでは?と思います。それなら、常にしぼんだゴム風船になっていられる状態を一定の時間保てば、(もしチャペの膀胱に自己回復する力があるならですが)どんどんしぼむのではないか?その状態で尿が溜まれば、今よりも少量で尿意をもよおすようになるのではないか??という素人考えです。

お金はかかりますが、もし、少しの期間入院して治るのなら、今までのように通院して採尿を続けるよりは考えようによっては安くあがります。もし、治らなかったら....いや、今は考えないようにします。

人間のエゴかな? 獣医さんも薬を変えたり増やしたりするしか方法がなく、いろいろ試しても今まで効果がなかったので、この方法しかなかったと思う。(チャペくん、ごめんね。)

チャペくん、面会に行くね。待っててね。そして自力排尿できるようになって帰ってきてね。

| コメント (0)

8/24~30(膀胱麻痺 その8)

チャペのシッコ状況→8/24~29まで自力排尿なし。sad

8/24~29の間は、1日ごとにシッコの色がよくなったり、悪くなったりしていました。薄くなると喜ぶのですが、次の日になるとひどい赤みがかった色になりがっかりしていました。薬の量が増えて、だましがきかなくなってきた為、私はあせるあまり。。。

8/27を境に薬の与え方が劇的に変わりました。

8/24

体重4.25㌔変わらず。この日の採尿量100cc。少し少なめ。水分をあまりとらなかったため??少しずつシッコの色が薄くなっている。血尿が改善されてきている??

8/25

体重4.25㌔変わらず。採尿量120cc。採尿後の体重4.15㌔。シッコの色濃かったような気がします。昨日はよかったのに。。

8/26

休診日診療。体重4.25㌔。120cc。シッコの色薄い。とうとう、連続通院8日目。いつまで続く??

8/27

この日は、旦那さんがお休みの日でした。チャペくんは、朝から調子よさそう。前足をチョンチョンして可愛く餌をおねだり。この時、いつものように黒缶に薬マゼマゼしたものを与えればよかったのですが。。。私に悪魔のささやきが・・・

旦那さんにチャペを押さえつけてもらって、液体のシロップの薬を無理矢理口の中に入れてやったのです。当然、チャペは暴れましたが、本当に無理矢理。。。その後、黒缶に膀胱収縮用の薬を混ぜたものを作ってチャペに出したのですが、食べない。。そのため、また押さえつけて無理矢理口をこじあけて与えました。今までになかったことで、チャペはびっくりだったでしょう。食べて20分くらいしてからでしょうか?ゲーゲー吐きました。その後、カリポリの餌を食べて、水を飲んでましたが、よほど気持ちが悪かったのかそれも、すべて吐いてしまいました。すきっ腹に、慣れない薬を無理に流し込んだためだと思います。その日は(旦那さんの話では、1日中あちこちで吐いていたそうです。)

最近になく、調子が悪そうなチャペくんを医者に連れていきました。体重4.2㌔。少し減りました。採尿量80cc。少ない。1日中吐いていたから、シッコになる水分もないためだろうか?尿の色が、最近になく、濃い!!血餅は見られない。

8/28

チャペくんの調子があまりよくないようなので、朝の薬だけ抜きました。昼,夜はチーズに混ぜてあげたら、食べてくれました。体重4.2㌔。採尿量120cc。昨日より薄い。吐かなくて、お腹がパンパンじゃなかったら明日の午後休診日には連れてこなくてよいとのこと。チャペくん、下痢のため、1日2回の薬にお腹の薬も仲間入り。昨日の事件で、液体シロップをすごく嫌がるようになったため、また粉薬に戻してもらいました。膀胱収縮の薬も若干増やしました。

1日2回の薬は、量がすごく多い。チーズに混ぜても食べてくれない。そこで、強制的に口をこじあけてチーズを放り込む。いつまでこんなことをやるんだろう。

8/29

午後休診の日。体重4.25㌔。150cc。色薄い。いろいろ話して、チャペくんは、かなり前から全部の尿を1度に排出できない体で、完全に治るのは難しいかもという結論になりました。生きている限り、尿は出さなければならないし、自力で排出できないなら、今後、どうすればいいのだろう。ずっと、病院で採尿をしてもらうのは、いろいろな意味で厳しい。

この日、ためしにということで、夜と朝の2回分、今までのベサコリンの代わりにウブレチドという薬を処方されました。今までの薬を増量しても、全然尿意がない為です。この日処方された薬の代金は、昨日の薬と差し替えという扱いにしてくれました。(つまり無料!!)良心的なお医者さんですね。

8/30

新しい薬は、8/29の夜大好物のネギトロ(ねぎなし)に混ぜて・・8/30の朝は、フリスキー11歳以上のパウチ(初めて食べさせました・・何か臨時の時の為に購入しておいた)に混ぜて食べさせました。いずれも少量です。フリスキーは、チャペとネムにちびちび食いをさせた後、残りをユキチにあげました。1日2回の薬(肝臓,心臓,ステロイド,抗生物質,整腸薬のマゼマゼ薬)は、8/29の夜半分くらい飲ませましたが、後はダメでした。8/30の朝は、ビルバックの歯磨きペーストに薬を、まぶして無理矢理口に塗りたくりました。本当はこんなことやりたくないのに。。

少しでも膀胱収縮がおきればいいなぁ。

8/30の体重4.3キロ。そういえば今日はよく食べてたなぁと思う。ステロイドの副作用か??血尿も大分なくなってきたので1日採尿を休んで明日の午前中病院へ行くことになりました。お医者さんの話では、膀胱が張っているので、今夜自力排尿できるかもしれないとのこと。お願い、チャペくん、1日1回でもいいからジャーして下さい。

今日は、久しぶりにエコーでチャペくんの心臓、肝臓、そして膀胱を見ました。肝臓内の胆嚢は相変わらず、エコー上で白く見えている。(石化していて胆汁が出にくい状態)心臓はまずまずとのこと。そして膀胱はエコーで見ると、まだ血餅らしきものがあり、現在5センチくらいに膨らんでいました。(尿でいっぱいの為)

明日は、自力排尿してくれますように。

| コメント (2)

8/20,21,22,23(膀胱麻痺 その7)

8/20の続き

17時に退社して、すぐに病院へ。混んでる・・・sad

今日の担当は、院長先生の奥さんの先生。3月にチャペの歯科処置をしてくださった先生でチャペもなついている(?)様子。

本日の体重4.25㌔。少し減った。採尿量150cc。顕微鏡で尿を見たら、赤血球と一緒に菌がいっぱいいました。菌をなくす為に、抗生物質を増やすことになりました。いつもの採尿と点滴の他に、レーザー光を腰の部分に10分照射する(椎間板ヘルニア治療)治療をやりました。これをあてると暖かくなって、気持ちよさそうにする猫さんもいるそうです。チャペくんは、途中で飽きてジタバタしましたが。。。(^_^;)

今までは3日おきの通院でしたが、膀胱の中にシッコがいっぱいたまった状態が続くと、菌が繁殖しやすく、膀胱が縮みにくくなり、血尿も治りにくいので、しばらくは、毎日通院して採尿することになりました。(休診日も通院)また、シッコが出たかどうか(その量も)分かる範囲で報告してくださいと言われました。

帰ってからのチャペ、すごく嬉しそう。機嫌のよいにゃーにゃーを繰り返し、小走りで走り回る。高さ90㌢くらいの窓ぎわにもピョンと飛び乗る。可愛いなぁ。smileレーザー治療がきいたのかな?通常診察日は採尿と一緒にこのレーザー治療もやることになりました。

8/21

チャペのシッコ状況→昨日から今日にかけて全然出しませんでした。

今日は、獣医さんが二人(いつもは三人)でしたが、ラッキーなことに混んでいなくて、わりとすぐに診てもらえました。体重4.25㌔。変わらず。採尿量120cc。昨日より少し少ない。いつものように採尿後、膀胱洗浄。血餅が少し出る。

8/22

チャペのシッコ状況→昨日から今日にかけて全然出しませんでした。何度か膀胱マッサージ(膀胱を手でモミモミして刺激する)の後、トイレに放り込んでもダメでした。

金曜日は午後休診の日。でも、18時から19時まで治療が必要な患畜だけ、必要な処置をしてくださいます。18時すぎに病院へ。午後休診にもかかわらず、獣医さん,看護師さん皆いらっしゃいました。午後は手術が2件あったそうです。獣医さんも看護師さんも大変だなぁと思いました。本日の体重4.25㌔。変わらず。採尿量120cc。これも変わらず。

ひとつ嬉しいこと。膀胱が昨日より縮んできたような気がしました!!やはり、毎日採尿すると、薬の効き目がよくなるのかな??

院長先生からチャペの後ろ足のふらつき具合をきかれました。そういえば、レーザー治療を始めてから、元気になったなぁと思い、そのように答えました。

診察中に漢方薬(松康泉)を服用することをすすめられて、とりあえず、1個試してみることになりました。けっこう、大きいカプセル(3号カプセルくらい?)猫だって年をとれば、神経痛も出てくるだろうし、それを改善する為に、今後続けていかなければならない漢方薬。

カプセルから出して餌に混ぜて食べさせたら、食べてくれました!!delicious

8/23

チャペくんのシッコ状況→この日の夕方、膀胱マッサージの後、ほんの少量ですが、自力排尿しました!!\(^o^)/

自力排尿したことを獣医さんに伝えましたが、尿の溜まり方は昨日とあまり変わらないとのこと。(>_<)本日の体重4.25㌔。変わらず。採尿量140cc。少し増えた。(>_<)

薬が明日で切れます。(今日遅くなったため)明日処方するとのことです。効き目が弱いので膀胱収縮のための薬をもっと増やすそうです。(>_<)(>_<)

先月27日に膀胱麻痺が分かって、もうすぐ1ヶ月。7/27~8/18までは、3日に1回の採尿でしたが、ほとんど状態が改善しなかった。8/19~23まで毎日採尿して、ほんの少し膀胱が縮み、尿中の赤血球量が減ってきました。薬を変えたり、量を増やしたり、レーザー治療を入れたり、お医者さんも、飼い主も頑張ってます。早く治ってほしい。。。

本ニャンが元気でこれからも生きようという気持ちでいっぱいなのです。。食欲もあります。まだ、虹の橋へ行くには早いと思うのです。

Photo

ぼく、元気ニャン

| コメント (2)

8/15,18,19,20(膀胱麻痺 その6)

8/15  本日は、金曜日のため、午前診療のみの日。

私は、17日までお盆休みのため、午前中は完全OFFでした。土日の午前感覚で獣医さんへ行きました。

最初の体重、4.35㌔(いつもと同じ。sweat01sweat01)本日の採尿は250cc。いつも通りの血尿。sad

全然回復の兆しなし。ただ、膀胱洗浄を繰り返して古いけっぺい(けっぺんかな?? 赤血球の古くなった塊です。sweat01)は、少なくなってきたなぁと思いました。「また、たまりましたら、おいでくださーーい」のようなことを言われて(この通りには言ってませんが、私の頭の中では、このように響いた)獣医さんを後にしました。

8/18 この日から私は仕事でした。

仕事は、午後17時で終わり。いつも混む獣医なので、混み具合いを確認しようと、電話をかけてみると・・・・・・留守電・・・・・

「本日は、緊急手術が入りましたので、午後の診療を休診させていただきます・・・・・」

なんてこったぁぁぁ(>_<) チャペくんは、今日行かないと明日、マズイ状態になるのに・・・・・

この日の反省・・・ 電話なんかで確認しない方がよかった。

会社帰りにすぐにいけば診てもらえた可能性が高かった。。。

チャペくんは、次の日まですごく苦しい思いをすることになりました。。。

8/19(火曜日) 17時ちょいすぎ・・・・・

会社の駐車場で、また獣医さんに電話するワタシ・・・・・またも、留守電・・・・・

「本日は、休診日のため・・・・・・うんぬんかんぬん」

確か、火曜日は、17時から18時までは、(治療を休めない患畜のためだけに)開いていたはず。。。(今年の4月、ユキチがこの休診日診療のおかげでよくなりました。)家へ帰って、チャペくんをケージに入れて(お散歩か、ドライブしたいのぉというユキチを振り切って)ぶぶーんと医者へ・・・・・

着いたのは17時半すぎでした。休診日だというのに私の前に5人の飼い主さんが座っていらっしゃいました。

本日の担当は院長先生でした。「今日は、尿疾患の子たちがこれで4匹目」とおっしゃってました。膀胱炎,尿結石,軽度の膀胱麻痺,そしてうちのチャペくん重度の膀胱麻痺。。sweat01

(暑い時期は細菌が繁殖しやすく、このような疾患が多いそうです。)

とりあえず、体重測定。4.35㌔。(ケージを持った感じではもっと重いかなぁと思ってました)

いつも通りの採尿。

本日の採尿量

     300cc!! 多すぎる!!

院長先生

「足がもつれたりすることはありませんか??」

「そういえば、後ろ足が最近ヨロヨロしていると思います。」

簡単な検査(宙ぶらりん状態にして、後ろ足を片方ずつ引っ張る検査)をした結果、チャペくん、脊椎麻痺の可能性(椎間板ヘルニアの可能性)があるとわかりました。今日は、休診日でシッコを採る以外できないけど、今度は、一般の日に来てくださいとのことでした。

その日の夜、家族みんなでくつろぎタイム。smile

「どれどれチャペ、シッコとってきたばかりのお腹を触らせなさい」

と男ご主人がチャペの膀胱をモミモミ。。。「うーーん、そんなにしぼんでないぞ」

チャペくんの膀胱が普通の猫さんの3倍くらいに膨れ上がっていて、おまけに、いつもシッコで一杯状態だったため、獣医さんで採尿してもらっても、しぼむことができないのかな?? (という私の素人診断。sweat01

8/20 ・・・

朝、チャペくんの膀胱がある位置を触ってみる。。けっこう、張っている状態。前回、1日遅く獣医さんへ行ったので、いつもより溜まるのが早いのかもしれない(素人の考え)

チャペくん、食欲はあるけど、だるそう。。そばにいるネムは心配そう。。

目の色がいつもより澄んでいない。。これはヤバイぞと思いながらも とりあえず仕事へ・・

(次へ続きます・・・)

| コメント (0)

8/12(膀胱麻痺 その5)

8/12  私はこの日からお盆休みに入りました。

2日おきに通院をしているチャペくん。獣医さんも8/12から14までは、お盆休みです。

しかし、どうしても治療が必要な患畜さんの為に、17時から18時(受付時間)は、診察をやってくださいます。今年の4月には、ユキチくんも胃腸病治療の為、休診日に診察をしていただきました。具合いの悪い動物にとって、とてもありがたいことです。感謝です。

最初の体重4.35㌔。この日の朝、チャペくんは、自力でシッコ2回ほどやっていました。少しずつ治ってきてるのでは?? と期待をしてました。この日の採尿量は、250cc。(うっ、sweat01 今までで一番多い量だぁ。weep)採り終わった後は、体重4.1㌔。

ひとつだけ面白い(?)こと。病ニャンのチャペくん、病院に来るとスッキリして帰れると学習したせいか、処置を嫌がらないのです。今回からは、皮下点滴で注射をされる時も「ニャン」ともニャかニャい。採尿の後の点滴時は、診察台の上で半分昼寝。。sleepy

| コメント (0)

8/9(膀胱麻痺 その4)

8/9 薬は飲んでいるのに、シッコが相変わらず出ないチャペ。8/6の診察の後、ジャーっとシッコを出してくれた後は、ほとんど出ないのです。おまけに今日の朝、薬入りの餌を吐いてしまいました。wobbly

Photo_3 本日の体重最初4.3㌔。シッコを採られるのもこれで4回目。大分慣れてきたのか、獣医さんが管を準備している間、チャペは、こんな感じ。少し緊張気味??

今日の獣医さんは、若い女性の先生。管もスンナリ入り、採尿も順調。「このくらいスンナリ入るのなら結石はないですね」と言われ、ちょっと安心。

濁ったシッコが管から採尿器へそしてプラスチック製のビーカーへ。150ccほど採った頃でしょうか?獣医さんに言われて採尿器内のシッコを見て驚きました。濁っているだけでなく、シッコと一緒に茶色のツブツブが一杯流れていくのです。一旦、採尿をやめて、逆に生理食塩水50ccを膀胱の中に入れてやって、膀胱をもみながら、また採尿。シッコの色は薄い。でも、茶色の粒はいっぱい取れました。この茶色の粒を顕微鏡で見た結果、古い赤血球とバイキンということがわかりました。この日取れたシッコは(生理食塩水を除いて)200cc。採尿後の体重。4.1㌔。その後は、抗生物質入りの生理食塩水を膀胱内に注入し、点滴をして終わりでした。12時に診察室へ入って、終わったのが、13時でした!1時間もよく頑張ったね。偉いよ。チャペ。

膀胱内洗浄のおかげでしょうか?スッキリしたなぁという顔をしていました。この日の夜、黄色い健康的なシッコを自力でジャーhappy02 明日もこの調子でシッコが出るといいね。(^^)

| コメント (0)

ネムのお気に入り

Photo_2 ネムちゃんは、アニマルスリッパが大好き。このタヌキさんのしっぽの部分を咥えて、タンスに上がったり、2階のお気に入りの寝床に運んだり、ネム小屋に運んだり・・・ 2つあるタヌキさん、毎日居場所を変えます。タヌキさんと寝ると落ち着くらしいです。女の子がぬいぐるみと一緒に寝るのと同じですね。

| コメント (2)

頭隠して・・・・

しっぽが出てるよ、ネム。Photo

| コメント (0)

8/6(膀胱麻痺 その3)

8/6  またお腹が張ってきたね、チャペ。hospitalへ行こう

この日の最初の体重4.25㌔。お腹を圧迫して尿を出そうとしましたが、やっぱり出ない。sad

結局、この間と同じで管を通して採尿。動物看護士さんが(チャペが暴れないように)押えてくれました。ん??何か無抵抗だなぁ。看護師さんに前足と後ろ足を2本ずつ掴んで「こてん」と簡単に倒されても嫌がる様子がない。。(^。^)管を通すときだけは、にゃあぁangryと鳴きました。(おっとりニャンコ)

Photo この写真は点滴中のものです。

きちんと「ふせ」をしています。

押さえつけていません。(^^)

本日採れた尿は250cc。採った後の体重は4.1㌔。採尿の後、スッキリした顔のチャペ。診察台の上でうとうとしているような(^^) よかったね。ゆっくりしたのかな。

膀胱麻痺は1度症状が出るとなかなか治らないそうです。反対に、いきなり治ることもあるそうです。1週間薬を続けましたが、自力100%での排尿ができません。トイレには行くのですが、踏ん張っても、出る尿の量が、すごく少ない。sad薬の効き目が弱いので、抗生物質を増やすことになりました。(TT) この量を3ヶ月続けて飲むとあまりよくない量だそうです。3ヶ月と言わず、お盆前にジャーっとシッコが出せるように頑張ろうね。

| コメント (0)

7/30,8/2(膀胱麻痺 その2)

7/30 薬がなくなったので病院へ。この日の担当は一番若い先生。(この病院には3人の先生がいらっしゃいます。)

3日間、なかなか薬を飲んでくれなくて困った話をしたら、薬の種類を変えてくれました。 あと、7/27と同じ点滴をしました。

Nec_0019

ただ今 点滴中 →→

触診したら、硬くなるほどシッコはたまってないので、今日は採らなくていいとのこと。

この日の体重は4.2㌔。シッコの分だけ増えている。(ToT)


8/2再度病院へ。この日は院長先生が担当してくださいました。この日の体重4.3㌔(増えている(-_-;))触診でシッコがたまっていることを確認。ペットシーツを下にしいてお腹を圧迫して出そうとしましたが、出ないsweat02 また、管を通して採尿しました。この日は215cc採尿。普通の猫さんの3倍の量だそうです。shock採尿の後は、前回と同じ点滴。膀胱の収縮を促進させる薬があまりきいていないので、1日2回の薬を3回に増やしました。また、肝臓と心臓の薬も量を減らしてこの日処方されました。(この薬は1日2回)

症状が少し落ち着いたら尿管の先端を切り取って、管を通りやすくする手術をした方がよいですと言われ、ご主人は少し困惑気味。チャペくんは年の割りに元気とはいえ、15歳のニャンコなんだよぉ。早く治って手術もしなくてすめばいいな。

Nec_0025_2

8/2病院へ行く前の

シッコパンパンの

チャペ。→→→

| コメント (0)

7/27(膀胱麻痺 その1)

チャペくんは、毎月1回動物病院へ行っています。胆嚢から出る胆液の分泌が普通の猫さんより少ないことと心音(心臓の音)にかすかな異音があるという理由で、胆液を出す薬と心臓のお薬(タウリン)をマゼマゼしたものを猫缶に混ぜて、食べさせています。

今月は8/3に病院へ行く予定だったのですが、チャペくんの様子が少しおかしいsad

①咳をよくして、そのまま吐く

②食事をあまり欲しがらない。(+おやつを欲しがらない)

③動きが鈍くなった。

④目ヤニが目立つ(とってもすぐにまたついてしまう。)

病院に電話してきいたところ、「連れてきた方がいい。」といわれたので、7/27に行きました。

診察台に乗せたら・・・・・

体重4.3㌔(増えた!!)体温38.1度(平熱)

触診したところ、膀胱に尿が一杯たまっている!ということが分かりました。

『レントゲンをとってみましょう』と 先生

レントゲン写真が出来てきて、先生が説明してくださいました。

『ここを見てください。(膀胱)おしっこがこんなにたまっています。普通 こんなにたまらないんです。膀胱麻痺です。』

先生が指すチャペくんの膀胱。大きい真っ白のゴム風船が横になっている状態。

すぐに管を通して尿をとっていただきました。尿を採った後の体重は4.1㌔。sad200グラムのシッコがたまっていたということ!!(+_+)採った尿には血液が混じっており、だいぶ長い間、溜め込んでいたらしい。(自分で出せなかった。)尿検査もしていただいたのですが、尿結石ではないとのこと。catface不幸中の幸い。よかったね。チャペくん(^^)

シッコをとった後のチャペくんはすごくゆっくりした様子。診察台の上でうとうとしてました。

この日は、血液検査(ALT128,BUN29でした。)をして、点滴と注射,膀胱を収縮させる薬と抗生剤を3日分いただいて帰ってきました。毎月やっている肝臓の検査は後日になりました。

Nec_0014 この写真は、シッコをとった次の日の夜に撮りました。チャペの下腹部(毛が少し白く見えるところ)が膀胱のあるあたり?? ぼにょんとしてます。のびきった風船みたい。

早く、自力でシッコを出せるようになるといいね。

| コメント (0)

あたしかわいい??(その3)

目がパッチリしてわりとよく撮れた(自画自賛)と思います。sweat02

ネムのお腹って ホルスタインみたい。んもぉぉぉtaurustaurus

Nec_0004

| コメント (0)

ネムとユキチの2ショット

またまたピンボケsweat01sweat01

8歳ニャンコと3歳ワンコのくつろぎタ~イム!仲いいでしょ?

Nec_0016

| コメント (0)

男ご主人の膝でzzzのユキチ

・・・・・甘えん坊のユキチ・・・・・Nec_0012 sweat01

| コメント (0)

ちょっと居眠りユキチzzz

Nec_0011 誰もかまってくれないので、居間で居眠りするユキチ。

Nec_0010 目が覚めた??

いえ、寝ぼけてます。頭の中はzzzモード

この状態でかまうと、「がるる」します。

| コメント (0)

女ご主人とユキチ

ブログ初登場の女ご主人です。ちょいと太め。(汗)ご主人、下着が見えてるワン。sweat01

Nec_0013

| コメント (0)

チャペとユキチの2ショット

2008/8/1のチャペくんとユキチくんです。3歳ワンコと15歳ニャンコ。仲良しです。smile

かなりピンボケ。ユキチ、ごめん。

Nec_0024_2

| コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »