« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

これニャアニ??

Nec_0023_2

新しいトイレを買いました。

買ってから2週間たつのに、

全然入ってくれません。

私がトイレに入れてあげたら、

中でおすわりして考え込んだチャペくん。

これ、新しいおうちですかぁ??

| コメント (4)

病院で餌をもらいました。(9/14の写真)

9/14  病院の診察台の上で。

キドニーケアと腎臓サポートをもらいました。

Nec_0020_2  一生懸命食べています。

今から2週間前、お家ではあまり食べてくれなくて、心配しました。

病院の先生が出してくれた餌は一生懸命食べるチャペくん。( ̄Д ̄;;

Nec_0022_5

で、この後、

診察台の上で

吐いてしまいました。

多分、

いつもゆっくり食べるのに

急いで食べたからだと

思います。

| コメント (0)

9/28 朝

今日はお休みなので、ゆっくり寝ていたくまさん。

枕元で騒ぐネムとユキチ。

起きてみると・・・・・

Nec_0026_4 

チャペとネムの置き餌(ドライ)が空っぽでした。(^^;

Photo_3

餌 ないわ。

寂しそうなネム

遅くなってごめんね。

腎臓サポートスペシャル(ドライ)をあげる。

Nec_0032_2

がつがつ・・・  よく食べる。

そこへ・・・・・

さっきまで布団で寝ていたはずの

チャペくん、やってきた。

Nec_0033_2

ボクの餌ないんですけど・・

じっとネムちゃんを見ています。

ハイハイ。あげましょうね。

k/d缶(チキン粗引き)をぱっかぁん。

Nec_0034

開けたてはうまいニャン。

こぼしてしまうので、チラシの上に餌を置いています。

マイペースでゆっくり食べます。

ワタシ(ネム)にも缶詰ちょうだい。というので

ネムちゃんにも、(大好物の)黒缶をちょっとあげました。

食べ終わるのが早いので、写真を取れなかった。

Mo_2

自分のを食べ終わって、じーーーっとチャペくんを見るネム。

この時ユキチは・・・・・

Nec_0037_2

ネムとチャペの間でうろうろ・・・・

Nec_0036

チャペ親分、まだ食べてる・・・

チャペはk/d缶のペースト部分だけを食べて後は残すので、

Nec_0038

残ったものは、ボクがいただきまぁっす!!(^^)

そして食べ終わった後は、

Photo_5

朝寝です。

| コメント (0)

9/20,21,22,23,24,25,26通院記録(またメモ書きです。m(_ _)m

9/20 3.85㌔ 80cc(色 薄い)自力排尿なし。
(お医者さんが発見してくれたのですが)チャペの首元の皮膚が赤くなっていました。
最近、毛がゴソッと抜けるのを一昨日確認しましたが、特に処置していませんでした。
点滴注射のためかな??ということで、今日は点滴を中止。
その代わり、尿検査をやりました。
潜血反応3+(前より増えた)
ブドウ糖 検出
タンパクなし
顆粒円柱 有(顆粒円柱=腎臓の中で赤血球が変化した形のもの)
赤血球 有り
細菌なし

一言で表現するなら、猪苓湯に薬を変えてから、症状がひどくなっているよう??
(前は見られなかった顆粒円柱とブドウ糖が尿から検出されたので。)
一旦、猪苓湯を中止。
漢方DMSと止血剤アドナを3日分もらってきました。
前から飲んでいた肝臓,心臓の薬を1週間分もらってきました。
(今回は膀胱麻痺が分かる前に処方された薬ウルソ,タウリン,スパカールを混ぜたもの。スパカールは3月~7月までの薬には混ぜてありましたが、最近やめていました。)

9/21
9/20の夜、強制給餌ポンプで飲ませた薬を、9/21明け方3時半に吐いてしまいました。
食欲ないです。暗い所にじっとしています。自力排尿なし。
病院記録 3.80㌔ 50cc
オレンジ色の尿!! 素人目に見てすぐに血尿と分かりました!!
ph6.5
潜血+++
タンパク+
ブドウ糖+
細菌有
顆粒円柱なし
昨日より悪い検査結果でした!
膀胱麻痺と言われて通院してましたが、腎臓にも問題発覚のようです。
本人のチャペくんは、それほど気にしてない様子。
この日も食欲がないので、病院へモナークを持っていきました。少し食べてくれました。よかった。
9/21の血液検査の結果,()内は9/10の数値〔〕内は正常範囲値(8歳以上の猫)
ALB 3.1g/dl(3.3)〔2.3-3.9〕
ALKP 95U/L(198)〔14-111〕
ALT 249U/L (測定不能)〔12-130〕
BUN 30mg/dl (23)〔16-36〕
Ca 12.0mg/dl (12.0)〔7.8-11.3〕
CK 101U/L (40)〔0-314〕
CREA 2.3 mg/dl (1.8)〔0.8-2.4〕
GLOB 3.7g/dl(4.8)〔2.8-5.1〕
GLU 107mg/dl(115)〔71-159〕
LIPA 346U/L(471)〔100-1400〕
TP 6.8g/dl(8.2)〔5.7-8.9〕

9/10と比べて
ALKP値とALT値(この値が高いと肝障害の疑い)が少し改善されました。強制給餌ポンプで一日2回、前と同じようにウルソ,スパカールを服用しているからだと思います。
強制給餌ポンプのおかげです。ニャンママさん、ありがとうございます。m(__)m
BUN値とCREA値が上がりました。一応、正常範囲値ですが、上限いっぱいです。モナーク等の一般食をやめて、腎臓の療養食に切り変えていこうと思います。

この日から輸液剤に、チャペへの輸液から受ける刺激を減らすため、生理食塩水を使うことにしました。(今までは酢酸リンゲル液。腎疾患,心不全,の患者には慎重投与しなければならない血液代用剤だそうです。)

9/22 3.85㌔ 自力排尿有り。採尿80cc。
元気,食欲有り。病院でいつものモナークをいっぱい食べる。
尿の色オレンジ。昨日よりは透明感有り。止血剤アドナを1日3回間違えて服用させていたため?
夜のアドナを抜く。この日の夜から再び猪苓湯(量を半分にしました。)を服用させる。

9/23 自力排尿なし。3.95キロ 採尿量130cc 尿の色 オレンジ色。(濁っている)
元気,食欲なし。ずっと寝てばかり。(体重は昨日より増えているので、私がいない所で食べたり、遊んだりしている可能性もあり。できれば、そうであってほしい。)
やはり、猪苓湯を飲ませると食欲不振になるようだ。
DMSとアドナの混合薬を1日2回(正しい回数)にしたら、元気がなくなったように感じる。
DMSのおかげで昨日は元気だったのかな??お昼の猪苓湯は2苞与えてみた。

9/24
元気,食欲あり。自力排尿なし
110cc。膀胱洗浄有り。3.90㌔
尿の色 黄色。ph6。潜血反応++有り。 ブドウ糖+。淡白+
比重1.02 顆粒円柱有り。赤血球有り。菌少量有り。
昨日よりは、色はよかったけど、あまりよくはなっていない。
抗生剤2種,止血剤,DMS,猪苓湯(前回より多い。チャペにあった量)を2日分処方してもらう。
背中の赤みが少し薄らいできました。

ドライ,ウェット共、療養食に変えました。
初めて買った療養食k/d(チキン粗引きタイプ)食いつきよし。粗引き部分だけ残す。(^_^;)

9/25
元気,食欲あり。自力排尿なし
3.85㌔ 180cc 膀胱洗浄(洗浄液は同じで回数は1回少ない。)
尿の色 レモン色!?(うすい色。濁り少ない。)
今日は、採尿と膀胱洗浄のみで、点滴なし。
処置を終えたチャペくん、ケージを出したのに入ろうかどうか迷ってました。
「まだ、点滴してないよん」とお医者さんを見て確認してました。
頭がいいのね。チャペ。全然、ボケてない。(ボケてるのは私の方)
まだまだ、生きるぞぉ。

9/26
元気,食欲あり。
3.8㌔ 90cc 尿の色黄色。(昨日より濁っている。点滴を休んだため??)
膀胱洗浄を3回。点滴有り。
今日は、病院でドライのk/dをご馳走になりました。
チャペくん、はぐはぐ食べました。(^^)
お医者さんが見ている前で得意の「お手」と「おかわり」を披露。
餌をもらってすごく嬉しかった?? 言われないのに「お手」を何度もやりました。
採尿し、餌を食べ、点滴をして、大満足(?)だった??
ケージを出したら、ちょっと偉そうに(?)威厳をもって(!)入りました。

昨日とちがーう!! チャペは毎日点滴してほしいのかな?(それとも点滴しながら餌を食べるのが好きなのかな?)

| コメント (2)

9/14,15,16,17,18,19チャペの通院記録(メモ書き そのままです。m(__)m)

9/14 3.95㌔ 採尿90cc

9/15 3.95㌔ 採尿110cc

9/16 3.95㌔ 採尿110cc(自力排尿がありました!!)

9/17 3.85㌔ 採尿80cc

9/18 3.85㌔ 採尿量100cc 

9/19 3.90㌔ 採尿量115cc 

9/14

体重が4㌔以下になりました。9/12でステロイドの服用をやめたので、食欲,給水、が落ちたためと思われます。粉薬は強制給餌ポンプで投薬しました。チッチの色少し赤い。やはりまだ血尿??食欲がないと話したら、獣医さんがキドニーケアと腎臓サポートをお皿に入れて持ってきてくれました。ガツガツ食べる!! あまりガツガツ食べ過ぎて、結局、診察台の上で吐いてしまいました。もっとゆっくり食べればよかったかもね。

9/15

今日は祝日の為、休診日診療。相変わらず、食欲なし。元気なし。この日も強制給餌ポンプで粉薬を投薬。

入院中にチャペが好きだったというキャット缶モナークを病院へ持参しました。(薬のフリカケつき)採尿の後、点滴中に食べさせました。まずまずの食べっぷり。自分が好きなものはいっぱい食べるの??

この日は、尿がきれいになってきたため、膀胱洗浄をお休みしました。

9/16

今日も休診日診療。体重も採尿量も前日と変わらず。ただ、元気がなくなってきたのが気がかり。この日もモナークを持参しましたが、前日より食べっぷりがよくなかったので、最後は口の中に放り込みました。膀胱洗浄なし。

9/17

トイレには行くが自力排尿なし。 
採った尿は黄色。濁り少ない。(血尿が治ってきている??)膀胱洗浄なし。

獣医さんのお話では(触診した感じでは)以前よりも膀胱に張りが出てきて治ってきているそうです。(^^)

それは嬉しいのですが、食欲が落ちて、少し具合が悪そう。猪苓湯の副作用の一つの「食欲不振」なのかなぁ?(私の推測。)
固形の餌はほとんど食べない。病院で出してもらったモナークも食べない。
強制給餌ポンプで朝昼晩3回投薬。量は朝昼晩各2.5ml×3回。
1日の食事量としては少ないかな?明日は増やそう。

9/18  自力排尿なし
明け方3時半、餌が少量入った毛玉を吐く。昨日と同様、黄色の尿で、濁り少ないので膀胱洗浄なし。
今日は、強制給餌ポンプで3回投薬。
食欲がないので、可哀想だけど、朝2.5ml×3,昼2.5ml×2,夜2.5ml×3を強制給餌。
一気にやると、窒息しそうなので、1回食べさせた後、少し休んでまた与えるという時間のかかる方法をとりました。夜になって元気が出てきた。一杯食べた為かな??

9/19  自力排尿なし
朝、2.5ml強制給餌ポンプで3回給餌。お昼に帰ったら、吐いていた。(>_<)強制給餌も多すぎると吐くのか??(当たり前か。。。)
昼、猪苓湯入りの腎臓サポートを1回だけ強制給餌。
今日採った尿の色は橙色という感じ。(朝、投薬できなかったから血液が昨日より多いような気がしました。)

夜、病院へモナークを持っていって食べさせました。一杯食べてくれるようにと、今日は薬なしであげました。チャペくん喜んで食べる。(^^)よかった。
その後、一般食ばかりだと栄養が偏るし・・・と、お医者さんがせっかく持ってきてくださったスペ○フィックの缶詰は、お味が気に入らなかったのか食べてくれませんでした。困ったね。 

獣医から帰宅後、少量の腎臓サポートに薬を混ぜて強制給餌しました。

今週は、ニャンママさんからいただいた、強制給餌ポンプが大活躍しました。

ニャンママさん、ありがとうございました。

食欲不振はしばらく続きそうですので、こまめに(窒息しないように)給餌していこうと思ってます。

| コメント (2)

9/9,10,11,12,13 チャペの通院記録

9/9~12まで自力排尿なしdespair

9/9  体重 4.1㌔   採尿150cc

9/10 体重4.05㌔     採尿120cc

9/11 体重4.05㌔  採尿120cc

9/12 体重4.05㌔   採尿120cc

9/13  体重4.05㌔  採尿80cc(少ないけど、すごく濃い色でした。やばい)

体重が減ってきました。(先週までは、平均4.3㌔くらいでした。)

この病気になる前からですが、春と秋は食欲が落ちて、4㌔以下になります。体重が減るのはいつものことなのですが、獣医さんが投薬のストレスからではないかと気にしてくださって、11日の夜と12日の朝の投薬を休んでもよいとおっしゃいました。(膀胱収縮障害の薬ベサコリンとダントロレンと抗生剤は飲ませないで、ウルソ(肝臓の薬)とタウリン(心臓の薬)と松康泉(神経の薬)だけ与えました。)

副作用が強いものだけ抜いてしまいました。。

Photo_2

今後の投薬について

私が以前お願いしていた猪苓湯が9/13に動物病院に届きました。ベサコリン,ダンドロレンを休止して、代わりに猪苓湯を服用させる。ウルソ(肝臓),タウリン(心臓)の薬は、続ける。(飲んでいてそれなりの効果が出ていた為)それから、漢方DMSが増えました。食欲増進ということでしょうか?漢方DMSは、価格が高かった。(;ω;)長くは続けられないと思う。困ったなぁ。

結局、あまり薬は減らないです。(´Д⊂グスン でも、膀胱収縮の薬の副作用は減るから、よかったね!!good

薬がききますように。。。

| コメント (1)

チャペは退院はしたけれど。。。

9/6 チャペ 退院。

この日の朝、少量の尿を自力で出したそうです。(排尿した時間から推定すると)薬がきいての排尿ではないとのこと。。なぜ排尿できたのか、不明。。

9/8 通院

自力排尿が少しあったと思います。(ネムと共同のトイレなので、トイレ砂を見た限りの推測です。)

体重、4.2㌔。この日の採尿200cc。かなり色の濃い尿。尿検査をしてみると、赤血球が尿の中にいっぱいありました。

(治療を始めて1ヶ月以上たったのに、まだ血尿??)

獣医さんの話では、膀胱壁から血液がじわじわとしみだしているそうです。止血剤を注射。対処療法なので、根本的に治るわけではないそうです。

獣医さん、入院中、よいと思われることはいろいろやったけど、ほとんど効果なし。症例もいろいろ調べてくださいましたが、今、新たにやれる方法といったら、1日2回のベサコリンを3回に増やすこと。増やしても、飲めないんだよね。チャペ。それと、この薬の効果もあやしいのです。全然きいてないような気がします。他にも薬はありますが、(年齢的を考えると)他の薬はチャペには使えない薬のようでした。

チャペの病気の名前は、 膀胱アトニー  だそうです。

チャペは元気で、食欲もあり、もっと生きるんだという気持ちでいます。でも、この病気はもう治らないかもしれません。病気と仲良くしながら生きることになりそうです。チャペの様子を見ながらになりますが、(財力と気力が続く限り、)採尿の為に通院することになります。

| コメント (2)

9/3チャペのお見舞い

17時半すぎに、私が行ったら嬉しそうに寄ってきてくれた。。しかし、すぐにだるそうにだらーんと脱力してしまった。(どうしたのかな?)

カテーテルがなかったので、予定通り今日の朝に外したんだろうと思っていたら お医者さんが説明にきてくださいました。

昨日の夜のうちにカテーテルは自分で外してしまったそうです。その後は自力排尿を期待して入れてなかったのですが、今だにその様子(排尿ポーズをとるなど)はないとのこと。昨夜のうちにウンチは出していたので、腰や足などに問題があって排尿ができないのではないそうです。

私が行った時、薬を飲んで30分くらいだったそうです。これ以上服用させられないくらいの量のベサコリンを飲んだ副作用で、チャペは私が来ても脱力してびろーんと伸びていて、口が半開きになってよだれがたれている状態だったのでした。ベサコリンに加えてこの日はダントロレンも服用させていたそうです。尿道を広げやすくする薬と先生はおっしゃってました。家でネットを調べた限りでは、ダントロレンは少し強い薬で、肝臓,腎臓,心臓の悪い人,高齢者には慎重に使わなければいけないらしい。チャペ大丈夫なのだろうか。この日の副作用はダントロレンによるものではないだろうか。

副作用で調子が悪そうでも、「何か食べる??」と先生が持ってきてくれたキャットフードは、一生懸命立ち上がって美味しそうにペロリとたいらげました。(すごい!!!)しかし、副作用で後ろ足に力が入らないのか、ちゃんと座っていることができず、手で後ろ足をささえてもらってのお食事。かわいそう。

あと3日入院させて排尿が出なければ、通院に切り替えた方がいいですと先生。しかし、2日に1回の通院は、やはりキビシイです。なんとか他の方法はないだろうか?

明日は旦那さんがお休みの日。一緒に面会へ行って獣医さんともお話して今後の方法を相談してきたいです。

| コメント (1)

チャペのお見舞いに行ってきました。

入院してなかったとしたら、今日でちょうど2週目の通院でした。

退社後、ぶぶーんと獣医さんへ。。面会の受付のやり方がわからず、いつも通り診察券を出したら、診察と間違われました。sweat01sweat01

チャペくん、とても元気でした。happy01餌はキドニーケアと、デビフの魚缶詰をもらっているそうで、よく食べるそうです。私が行ったらしばらくにゃーにゃー鳴いて甘えてくれました。「にゃんで、ボク元気なのに、ここにいるのぉ??」という感じ。しばらく甘えていたら満ち足りたようでゴロン。。いい子だね。。

チャペの歯科処置も担当してくださった獣医さんが説明にきてくださいました。チャペは、あさってまでカテーテルをつなぎっぱなしで膀胱を空にする常態(たれ流し)を続けて、水曜日の朝に一旦カテーテルをはずして、自力排尿欲求がどのくらいの時間経過の後、起きるかみるそうです。水曜日の夜までに排尿がなければ、またカテーテルを通して1日分のシッコを採るそうな。水曜日以降のことは、チャペの状態次第だそうです。

チャペのごはん=今日は美味しい魚缶詰(猫缶)にベサコリンを混ぜて食べさせたそうです。肝臓等の薬をシロップで飲ませるのはやっぱりNGだったそうです。(退院後は)カプセルで飲ませる方法もありますよと言ってくださいました。

治療方法について、獣医さんも「どうやってやろーかなー??と思ってます」とおっしゃっていましたが、今のチャペには、この方法がBESTという方法がありません。膀胱が空の状態でベサコリンを投与して、膀胱の収縮が起こることを祈るだけなのです。今のチャペくんにベサコリンがきいているかどうか?? それは神のみぞ知る所で、もし。。。きいてなかったら。。。薬の量又は、種類を変えてまた最初からやり直しです。。。wobbly

完璧に治らなくてもいいから、自分で排尿できるようになればいい。獣医さんもそうおっしゃっていました。溜まっている尿を完全に排尿できなくてもいいから、とにかく、自分で少しは出せるようになって。。

| コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »