« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ネムちゃん、通院メモ記録

11/17

トイレに長時間座りっぱなしで、出す尿の量がちょっぴりのネムちゃんを発見。膀胱炎だと思い、チャペ用にもらっていたバイトリルを1週間飲ませました。座りっぱなしの状態は改善されました。3年くらい前も、同じようなことがありました。雌猫は、細菌性膀胱炎になりやすいらしいです。

11/27

ネムちゃん、歯科処置のため、入院しました。体重6.6㌔(重ッ)虫歯があり、5本抜歯されて11/28の夜に帰ってきました。歯周病を放置しておくと、心疾患,腎疾患になりやすいそうです。大好きなカリカリを今まで通りにバリバリ噛むことはできなくなってちょっと悲しそう。。。でも、食欲はあって、k/dをモリモリ食べました。

病院でも、よく食べるし、愛想のいい猫だったそうです。

病院の診察台の上で、聴診器で心音を確認していた先生がネムちゃんに一言。「聞こえないから、ゴロゴロやめてぇ。。」機嫌がよかったのね。面白い猫。。

麻酔で寝かせたついでに、採尿して尿検査をしてもらいました。膀胱の中には15ccほどしかたまってなかったそうです。潜血± ph6.5 タンパク+ 菌なし

潜血±が、ちょっと気になります。退院時にもらったビクタスを1週間飲ませて、抜歯後の経過と一緒に膀胱炎も見ていこうと思ってます。

| コメント (2)

11/23~11/28 膀胱麻痺メモ記録

11/23

18:00・・・10cc

11/22の夜からしばらく服用を休んでいた芎帰膠艾湯と田七人参を再開しました。飼い主の自己判断です。血尿が改善されてくればいいなあ。

11/24

18:00・・・20cc 20:00・・・20cc

11/25

休診日でしたが、病院へいきました。この日は朝と夜に吐きました。田七人参のせいかと思い、この日の夜以降、服用を休んでいます。

3.8㌔→3.6㌔ 採尿量190cc 血餅は出ませんでした。田七人参と芎帰膠艾湯の服用で少しはよくなってきたのかな??

11/26

10:00・・・20cc  12:30・・・20cc

11/27 

7:30・・・30cc 12:30・・・20cc

朝胃液を吐きました。

11/28

12:00・・・20cc

病院へ行きました。3.7㌔→3.6㌔ 採尿量 150cc

この日は、前回より赤みが薄い尿でした!!血尿が少し治ってきています!!血餅も出ませんでした!!自己判断での投薬開始は不安がありましたが、いい方向へ向かっているようです。この調子でどんどんよくなってくれたらいいな。

| コメント (0)

11/17~11/22チャペ膀胱麻痺メモ記録

11/17

自力排尿8:30・・・20cc  ?・・・10cc  18:00・・・30cc

11/18

病院へ行きました。点滴有り

3.8㌔→3.65㌔  採尿量150cc 色は悪い(赤い)です。血餅がでました。赤血球と膀胱の上皮細胞が固まったものでした。

自力排尿12:40・・・10cc

11/19

自力排尿なし

11/20

6:00・・・10cc 18:00・・・20cc

11/21

8:30・・・20cc 12:30・・・20cc

11/22

10:00・・・20cc 10:30・・・20cc (めずらしく頻尿??)

病院へ行ったので、尿検査,体重等の記録

3.75㌔→3.65㌔ 採尿量130cc 色は赤い!! 点滴有り

尿検査 ph6 糖なし タンパク++ 潜血+++ 菌なし 赤血球多量有り 顆粒円柱なし

この日も血餅出ました。

チャペの主治医の先生にお願いして、獣医の漢方の先生だという先生に芎帰膠艾湯は服用させていけないものかどうかという問い合わせをお願いしていたのですが、今日、結果を聴きました。「自分としては、猪苓湯合四物湯とDMSの服用を勧める。どうしてもというのであれば、自己責任で服用してください。」芎帰膠艾湯のどこが悪いのかの答えはなかったそうです。

この薬の服用をやめてから3週間たちますが、血尿は(色から判断すると)ひどくなっています。主治医の先生も最近の色が悪くなったということは認めています。

今日は、薬をもらう日でしたが、血尿治療としては、以前からずっと飲んでいて(効果が弱い)止血剤アドナの飲み薬のみ。最近は、注射でアドナを入れるのもやめているせいか、血尿はひどくなっています。どうしたものか。。。自己判断で飲ませるかどうか。。。

| コメント (0)

チャペとネム(一緒に食事)

Nec_00012

真っ黒で見にくいでしょうか?チャペとネムが仲良く一緒に食事です。

| コメント (0)

チャペとユキチ

Nec_0084_2

夜ご飯のおかずをもらおうと2匹仲良く待ってます。(11/15撮影)

| コメント (0)

チャペとネム

Nec_0088_3

かつおぶしを待っています。仲良しでしょ??(11/15撮影)

| コメント (0)

11/10~11/16 チャペ膀胱麻痺メモ記録

11/10

自力排尿 8:00・・・10cc(だったと思います。メモをするのを忘れてました。)

11/11

自力排尿 朝(時間不明)・・・20cc  13:00・・・10cc

11/12

自力排尿 7:30・・・10cc  12:30・・・20cc

病院へ行きました。3.9㌔→3.7㌔ 採尿量 200cc 点滴有り。

元気がないので、この日は血液検査をしてもらいました。

ALT・・・207U/L(12-130) 肝臓の状態 前より悪くなりました。

BUN・・・35mg/dl(16-36) 腎臓の状態も前より悪くなりました。

Ca・・・12.0mg/dl(7.8-11.3)心臓の状態も悪くなりました。

CREA・・・2.4mg/dl(0.8-2.4)正常範囲いっぱいです。

GLU・・・86mg/dl(71-159)正常範囲値。尿中の血液は、腎臓出血ではないです。(ヨカッタ)

あまりいい結果ではありませんでした。ALTとCaが上がったのは、薬を吐かれることが多かったため。BUNが上がったのは、最近、ヒルズのc/dがお気に入りで腎臓サポートを食べなかったため。全て私のせいです。

11/13

自力排尿 12:30・・・20cc(ウ○チと一緒に出しました。膀胱マッサージなし。) 

18:00・・・10cc(膀胱マッサージなし)

11/14

自力排尿 8:30・・・20cc 18:00・・・20cc 23:00・・・10cc

11/15

自力排尿 10:00・・・10cc 13:20・・・10cc

病院へ行きました。3.85㌔→3.7㌔ 採尿量 200cc

この日、膀胱内洗浄をやっていただいていたら、久しぶりに大きい血餅が一粒出てきました。顕微鏡で見たら、上皮細胞と赤血球が固まってできたものでした。

獣医さんに、先週より今週の排尿量が少なく、採尿量が増えていること、尿の色が先週より赤くなったこと、芎帰膠艾湯を服用していた先週の方が状態がよかったことを話しました。漢方の獣医さんであるN先生にDMSと猪苓湯合四物湯がベストの処方だと言われて私自身、納得できない旨も話したら、「(あまり気がすすまないけど)N先生にきいてみましょうか??」と言ってくださいました。

チャペは15歳ということもあり、薬は、何を使っても治らないようです。できるだけ一番いい方法をとりたいのですが、薬が増えると、チャペ君にとって負担になります。どういうふうにしてあげるのがチャペにとってBESTなのかな??まぁ、無理をせず、ノンビリいきますか。。

11/16

自力排尿 10:00・・・10cc  13:00~17:00までの間・・・20cc (共に膀胱マッサージなし) 

23:00・・・20cc(膀胱マッサージ有り)

| コメント (0)

11/3~11/9 チャペ膀胱麻痺メモ記録

11/9の記載

11/3

自力排尿 13:00 10cc いつもだと、腹圧をかけながら一生懸命出しているのに、勢いよくジャーと出してくれました。少しずつだけど、よくなってるね。

この日は薬がなくなることもあって病院へ行きました。

体重 3.85㌔→3.7㌔ 潜血+++ ph6(前回は5でした。よかった。) 採尿量150cc 菌なし

ずっと続けていた点滴を休みました。

11/4 自力排尿なし

11/5

8:00・・・30cc  18:00・・・10cc

11/6

(病院へ行く日ではありませんでしたが)お腹がパンパンになったので、病院へ行きました。

体重 3.95㌔→3.75㌔ 採尿量・・・250cc(けっこう、多い!!)この日も点滴を休みました。

11/7

自力排尿なし

11/8

9:00・・・30cc 17:40・・・40cc

この日は私が体調を崩してました。ユキチを散歩させた後、具合が悪くなって、16時まで寝ていた日です。薬も夕方しかやれませんでした。そんな状況だったのに、チャペは自力排尿できました。18時は膀胱マッサージもなしでの自力排尿だったので、すごく嬉しかったです。

11/9

薬がなくなるので病院へ行きました。

体重 3.9㌔→3.7㌔ 採尿量160cc(前回よりは減った!!)この日も点滴を休みました。

タンパク+ 糖± 潜血+++ 菌なし 顆粒円柱なし 上皮細胞 極少量有り ph6

病院から自宅へ帰ってから、チャペくん、トイレへ行きました。

自力排尿 14:40・・・20cc (採尿したばかりで たまってないはずなのに、何故だろう?)

点滴を休んだら、排尿が1日おきになったような感じです。(何故、そうなるのかは分かりません。)9日は点滴をするかどうか迷いましたが、休むことにして薬だけ1週間分もらってきました。

| コメント (0)

チャペ 薬

11/9の記載

10/25 薬を猪苓湯から猪苓湯合四物湯に変更してから約1週間経過した頃、少しだけ自力排尿できるようになってきていました。ただ、本当に少しでした。獣医さんからは、「もっとジャーっと出るようになればいいのにねぇ」と言われてました。

何かできることはないかなぁと考えながら、車を運転していた所、漢方薬局店を見つけました!! 「何か、いい漢方薬があるかもしれない!!」と思った私はそのお店に飛び込みました。

薬剤師さんは親切な方でした。私は、猫で、慢性膀胱炎が長く続いた後、膀胱麻痺になり、西洋医学の薬を試したけど効果がなく、漢方薬 猪苓湯から猪苓湯合四物湯へ変えたら、ほんの少しだけ自分で出せるようになったことと、血尿が3ヶ月以上続いていることを話し、もっと出るようになる漢方薬はないかどうか相談しました。

最初、薬剤師さんは 人間の患者と勘違いをされていたようで、

薬剤師さん:「その人、排尿痛はありますか??」

私:「いえ、ちょっと猫なので分かりません。(汗)」

という会話もありましたが、((・(ェ)・;)) 血尿が長く続いていて尿が出ない、猪苓湯合四物湯を服用させたら、少し出たというなら、この薬はどうだろうということで2種類処方してくださいました。芎帰膠艾湯田七人参という薬です。

この薬を服用させた所、排尿回数が増えました!! 効果がありました。尿の状態(色)もほんの少しですが、よくなっています!!

服用させて間もない頃、かかりつけの獣医さんに(この薬を服用させていることを)言ってなかったのですが、(かなり状態がよくなっているからか??)「他に何か使っていますか??」ときかれて、この二つを服用させていることを告げました。獣医さんは、田七人参は、心臓病の犬には処方しているが、膀胱麻痺の猫に処方する方法もあるんだなぁと言ってました。芎帰膠艾湯については、初めてきく薬のようでした。

しかし・・・・・

11/7ネットのペット漢方相談で、(個人的に)相談したところ、「処方されている薬や症状からすると、S獣医の患者さんですね??S獣医さんからは私も相談を受けますが、同業者としてみても立派な獣医者です。S獣医さんが処方された猪苓湯合四物湯とDMSは、私が処方したもので、これを2~3ヶ月続けることがベストだと思います。」という返メールがありました。1週間は、これでやっていこうと思います。(心にもやもやとしたものは残りますが・・・)

| コメント (0)

10/27~11/3(午前)まで チャペ膀胱麻痺メモ記録

11/3の記載

1週間ぶりの記載になりました。

10/27~11/2までの間で、病院で採尿したのは、10/29のみでした。

8/22~10/18まで(途中、2週間の入院生活がありました。)毎日毎日採尿の為に病院へ通っていたことを考えると、(完治ではないにしろ)かなり回復したといえると思います。

10/27  朝少し、胃液を吐く。食欲有り。よいウ○チ(いつもは下○気味)

自力排尿  8:15・・・30cc  12:30・・・20cc  ?時・・・20cc  22:00・・・20cc

 寝る前に膀胱チェックをしましたが、ほとんどたまっていませんでした。次の日に、病院へ行くのをやめました。

10/28

自力排尿 8:30・・・10cc(この日はこれだけでした。)

10/29 自力排尿 8:30・・・20cc(この日はこれだけでした。)

病院へ行きました。3.8㌔→3.7㌔。 採尿量 170cc。

26日に病院で採尿してもらってから2日、間をあけてこの量なので、かなり自分で出せるようになってきたと思います。色は濃い目のオレンジがかった黄色。この色がレモンイエローくらいにまでなってくれればいいのにねぇ・・・と獣医さんがおっしゃってました。

尿検査の結果 糖+ 潜血+++ タンパク+ ph5 

顕微鏡で見た所、細菌なし,赤血球,白血球,脂肪粒,上皮細胞有り。顆粒円柱少量有り。

糖が出ているので、腎臓の状態が悪くなっていることが考えられるます。近いうちに血液検査をした方がよさそうです。それと、ずっと正常値だった尿のphが5になったのが気がかりです。お医者さんは今まで安定して6だったのでそれほど心配ないとは言ってくださいましたが、これが続くと、今度は結石になる可能性が出てきます。要注意です。

10/30 自力排尿 12:40・・・10cc 18:30・・・20cc

10/31 自力排尿 8:30・・・20cc 12:40・・・10cc 22:00・・・20cc

11/1 自力排尿 10:00・・・20cc 11:00・・・10cc ?時・・・20cc ?時・・・10cc

今までは、ほとんど膀胱マッサージ(私かダンナが膀胱を手で揉んで刺激をあたえること)をしてからでないと自分で出さなかったのに、この日から自分で出せるようになってきました。私がいない時に2度も、自分でやっていました。 夜の膀胱チェックであまり尿はたまっていませんでした。

11/2 自力排尿 6:45・・・10cc ?時・・・10cc 19時・・・ウ○チと一緒に少量

ここ3ヶ月間、ウ○チと一緒にチッチを出すことはほとんどなかったのに、出せるようになってきました。私がトイレを見て確実にチャペのチッチだと確認できたのは上の3回ですが、他にも、それらしき砂の塊がありました。

11/3 自力排尿 0:20・・・20cc 10:00・・・20cc

上の2回は、膀胱マッサージをした後にやったものです。

今日は薬がなくなるため、夕方、獣医さんに行く予定。午前中、膀胱チェックをしましたが、あまりたまっていませんでした。尿中の潜血と細菌が気になるので、念のため、医者へ連れて行こうと思います。

| コメント (2)

ありがとう、プリンちゃん 安らかに。。

ニャンママさんのお宅で、9ヶ月にわたって闘病生活を続けてこられたヒマラヤン ♀  13歳 プリンちゃんが、10/30夜遅くに虹の橋に旅立たれました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

お目目がクリッとしてかわいいプリンちゃん、9ヶ月間よく頑張ったね。最期はニャンママさんの腕の中で虹の橋に行ったんだね。ニャンママさんのブログを見るたびに涙が出ます。小さい体で、たくさんの薬を飲んで、抗がん剤の副作用に耐えて。。ニャンママさん、パパさん、コロンちゃん、そして4月に先に旅立たれたマリンちゃん、家族のたくさんたくさんの愛情があったからこそ、9ヶ月間頑張ることができたのでしょう。

ニャンママさん、ゆっくり休んでください。ありがとうございました。

| コメント (1)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »