« 10/27~11/3(午前)まで チャペ膀胱麻痺メモ記録 | トップページ | 11/3~11/9 チャペ膀胱麻痺メモ記録 »

チャペ 薬

11/9の記載

10/25 薬を猪苓湯から猪苓湯合四物湯に変更してから約1週間経過した頃、少しだけ自力排尿できるようになってきていました。ただ、本当に少しでした。獣医さんからは、「もっとジャーっと出るようになればいいのにねぇ」と言われてました。

何かできることはないかなぁと考えながら、車を運転していた所、漢方薬局店を見つけました!! 「何か、いい漢方薬があるかもしれない!!」と思った私はそのお店に飛び込みました。

薬剤師さんは親切な方でした。私は、猫で、慢性膀胱炎が長く続いた後、膀胱麻痺になり、西洋医学の薬を試したけど効果がなく、漢方薬 猪苓湯から猪苓湯合四物湯へ変えたら、ほんの少しだけ自分で出せるようになったことと、血尿が3ヶ月以上続いていることを話し、もっと出るようになる漢方薬はないかどうか相談しました。

最初、薬剤師さんは 人間の患者と勘違いをされていたようで、

薬剤師さん:「その人、排尿痛はありますか??」

私:「いえ、ちょっと猫なので分かりません。(汗)」

という会話もありましたが、((・(ェ)・;)) 血尿が長く続いていて尿が出ない、猪苓湯合四物湯を服用させたら、少し出たというなら、この薬はどうだろうということで2種類処方してくださいました。芎帰膠艾湯田七人参という薬です。

この薬を服用させた所、排尿回数が増えました!! 効果がありました。尿の状態(色)もほんの少しですが、よくなっています!!

服用させて間もない頃、かかりつけの獣医さんに(この薬を服用させていることを)言ってなかったのですが、(かなり状態がよくなっているからか??)「他に何か使っていますか??」ときかれて、この二つを服用させていることを告げました。獣医さんは、田七人参は、心臓病の犬には処方しているが、膀胱麻痺の猫に処方する方法もあるんだなぁと言ってました。芎帰膠艾湯については、初めてきく薬のようでした。

しかし・・・・・

11/7ネットのペット漢方相談で、(個人的に)相談したところ、「処方されている薬や症状からすると、S獣医の患者さんですね??S獣医さんからは私も相談を受けますが、同業者としてみても立派な獣医者です。S獣医さんが処方された猪苓湯合四物湯とDMSは、私が処方したもので、これを2~3ヶ月続けることがベストだと思います。」という返メールがありました。1週間は、これでやっていこうと思います。(心にもやもやとしたものは残りますが・・・)

« 10/27~11/3(午前)まで チャペ膀胱麻痺メモ記録 | トップページ | 11/3~11/9 チャペ膀胱麻痺メモ記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/27~11/3(午前)まで チャペ膀胱麻痺メモ記録 | トップページ | 11/3~11/9 チャペ膀胱麻痺メモ記録 »