« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

7/13~7/31まで(チャペくんの記録)

7/13 朝 自力排尿 30cc 30cc
自宅採尿 175cc
心拍数 160 呼吸数 28
7/14 朝 自力排尿 30cc
7/15 朝 自力排尿 30cc 
病院記録 採尿量 267cc 4.25㌔→3.95㌔
7/16 自力排尿なし 心拍数160 呼吸数24
7/17 朝 自力排尿20cc
7/18 自力排尿なし 心拍数160 呼吸数28 一度吐く
病院記録 採尿量180cc 4.20㌔→4.05㌔
7/19 一度吐く 19:30に自力排尿20cc
7/20 8:30 自力排尿 20cc 自宅採尿157cc
7/21 朝 自力排尿 20cc 心拍数160 呼吸数24
7/22 朝自力排尿 20cc 20cc 18:30 10cc
病院記録 採尿量250cc 4.25㌔→4.05㌔
7/23 自宅採尿 140cc 自力排尿なし
7/24 自宅採尿 100cc弱
7/25 9:40 自力排尿20cc 18:00 10cc
7/26 朝 自力排尿 10cc
病院記録 採尿量 200cc  4.3㌔→4.1㌔
7/27 朝 自力排尿 20cc 昼に吐く 自宅採尿220cc
7/28 朝 自力排尿 30cc 自宅採尿120cc
7/29 自力排尿なし
病院記録 採尿量190cc 4.15㌔→4.0㌔
尿検査記録 ph6.0 タンパク + 潜血なし 上皮細胞,不純物有 菌なし
7/30 朝 自力排尿20cc 自宅採尿60cc
7/31 自力排尿なし  自宅採尿180cc

漢方薬の調剤は変えましたが、ほとんど変化なし。
再度依頼し、7/25に新しい調剤漢方を送ってもらいました。
今回は、前回の漢方薬から桂皮と牛漆(ゴシツ)を除いて、
全体量は変わらないというもの。心臓肥大と肝臓肥大,神経麻痺に効く薬が抜けました。
ちょっと心配です。
しかし、薬は変わってもあまり効果はないよう。出す量は増えません。

7/29に久しぶりの尿検査。潜血がなくなったのはうれしいです。

7/30の自宅採尿。いつも採尿をお願いしているとても器用な妹が忙しくて来られず、
ダンナと二人で採尿。
採尿中に カテーテルがスルッと抜けてしまい、60ccしか採れませんでした。

| コメント (0)

7/1から服用しているG堂の漢方詳細

漢方薬の構成が変わりました。
ほんの少しだけですが、自力排尿が増えました。
G堂からのメールと
私の補足説明(ネットで探しました)を
自分の為に...... 残しておきます。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
お薬の内容をお知らせします。

細かい説明も記載していますが、全体として、排尿促進、肝・腎・膀胱機能の改善、血流の改善、そして神経麻痺の改善を目的とした内容になっています。

 G堂

桂皮 (ケイヒ)  Cinnamomi Cortex

●薬能:発汗解表・温通経脈・通陽化気

原料 桂皮とは、クスノキ科ケイの樹皮のことを言います。

性味 温性です。甘い、辛い味がします。

主成分 ケイヒアルデヒド、ショ糖、タンニンが主成分です。

効能 鎮静、鎮痙作用
末梢血管拡張作用
発汗解熱作用
抗血栓作用
血圧降下作用
抗潰瘍作用
放射線障害防護作用
抗炎症、抗アレルギー作用
抗菌作用
水分代謝調節作用
消化吸収抑制作用

白朮  (ビャクジュツ)  Atractylodis Rhizoma

●薬能:補脾益気・燥湿利水

原料 白朮とは、キク科オケラの根茎のことを言います。

性味 温性です。苦い、甘い味がします。

主成分 アセトキシアトラクチロン、アトラクチロン、アトラクチレノリド、精油が主成分です。

効能 健胃作用
利尿作用
利胆作用
血圧降下作用
抗消化性潰瘍作用

茯苓  (ブクリョウ)  Poria

●薬能:利水滲湿・健脾和中・寧心安神

原料 茯苓とは、サルノコシカケ科マツホドの菌核のことを言います。

性味 平性です。甘い味がします。

主成分 パキマン、エルゴステロール、糖が主成分です。

効能 免疫賦活作用
抗腫瘍作用
腎障害改善作用
抗潰瘍作用
血液凝固抑制作用
抗炎症作用
性ホルモンへの作用
利尿作用
心臓収縮作用

沢瀉  (タクシャ)  Alismatis Rhizoma

●薬能:利水・滲湿・清熱

原料 沢瀉とは、オモダカ科サジオモダカの塊茎で通常は皮を除いたもののことを言います。 性味 寒性です。甘い味がします。

主成分 アリソール、アリスモール、糖類、アミノ酸が主成分です。

効能 血圧降下作用
血管収縮抑制作用
心臓の冠状動脈血流量増加作用
血液凝固抑制作用
抗脂肪肝作用
免疫賦活作用
利尿作用
尿路結石予防的作用
コレステロール血症の改善作用
性ホルモンへの作用

山薬(サンヤク)  Dioscoreae Rhizoma

●薬能:補脾胃・益肺腎

原料 山薬とは、ヤマノイモ科ヤマノイモやナガイモの皮を除いた根茎をそのまま乾燥させたもの、あるいは蒸して乾燥させたもののことを言います。

性味 微温性です。甘い味がします。

主成分 デンプン、糖蛋白質、アミノ酸、コリン、糖類が主成分です。

効能 滋養作用
強壮作用
下痢止め作用
男性ホルモン増強作用
去痰作用
血糖降下作用
放射線障害防護作用

山茱萸(サンシュユ)  Corni Fructus

●薬能:補益肝腎・渋精・斂汗

原料 山茱萸とは、ミズキ科サンシュユの果実のことを言います。

性味 微温性です。酸っぱい、渋味の味がします。

主成分 モノテルペン配糖体、サポニン、トリペノイド、有機酸が主成分です。

効能 抗糖尿病作用(血糖、尿糖の改善など)
免疫賦活作用
肝障害改善作用
抗腫瘍作用
抗アレルギー作用
抗ウィルス作用
抗菌作用
抗真菌作用
収斂作用
利尿作用
滋養作用
強壮作用

 

地黄  (ジオウ)  Rehmanniae Radix

●薬能:清熱涼血・生津

原料 地黄とは、ゴマノハグサ科カヤジオウなどの根のことを言います。

性味 寒性です。甘い味がします。

主成分 カタルポール、オークビン、マントニトール、糖が主成分です。

効能 緩下作用
血糖降下作用
血流増加作用
血圧降下作用
免疫調節作用
抗腫瘍作用
利尿作用
変異原清抑制作用
性ホルモンへの作用

牡丹皮  (ボタンピ)  Moutan Cortex

●薬能:清熱涼血・活血きょお

原料 牡丹皮とは、ボタン科ボタンの根皮のことを言います。

性味 微寒性です。辛い、苦い味がします。

主成分 ペオニフロリン、ペオノール、タンニン類が主成分です。

効能 中枢抑制作用
免疫賦活作用
脂肪分解抑制作用
血小板凝集抑制作用
子宮収縮抑制作用
心臓への作用
抗炎症、抗アレルギー作用
月経困難症改善作用

猪苓  (チョレイ)  Polyporus

●薬能:利水滲湿・清熱

原料 猪苓とは、サルノコシカケ科チョレイマイタケの菌核のことを言います。

性味 平性です。甘い味がします。

主成分 ステロール (エルゴステロール) 、有機酸、多糖類などが主成分です。

効能 利尿作用
肝脂肪蓄積抑制作用

牛膝(ゴシツ)  Achyranthis Radix

●薬能:きょお止痛・活血通経・補益肝腎

原料 牛膝とは、ヒユ科ヒナタイノコズチなどの根のことを言います。

性味 平性です。苦い、酸っぱい味がします。

主成分 サポニン、アミノ酸、コハク酸、ステロイド類、シュウ酸などのカリウム塩、糖類が主成分です。

効能 月経促進作用鎮痛作用
利尿作用
抗けいれん作用
降圧作用
抗アレルギー作用

| コメント (2)

久々の画像UP

2_5

一緒にねてるダンナとユキチ

Photo_5

語り合うユキチとチャペ(何を話してるのかなw)

Photo_4

お気に入りのたぬきのスリッパと一緒のネムちゃん。

Photo_6

今年の夏は暑いね。玄関の石畳(?)で涼むユキチ
猫さんたちは、冷房がきいている部屋の中にいるけど、
ボクはここで大丈夫!!

2_6

和室で一緒にくつろぐユキチとチャペ

2_4

k/dドライを並んで仲良く食べるネムとチャペ。おいしい??

| コメント (0)

7/11,12 チャペくんの記録

7/11 通院記録 4.1㌔→3.95㌔ 病院採尿量 140cc

    尿検査の結果 潜血+  ph6.0  タンパク+
       糖なし 比重1.002

    潜血が+になってしまいました。
         一般人が毎日自宅採尿した為だと思います。

    200cc以下の時は、
         自宅採尿はしないようにしようと思いました。

    血液検査の結果

  2009/6/6 2009/7/11 平均値 単位
ALB 2.9 3.1 2.3-3.9 g/dl
ALKP 215 385 14-111 U/L
ALT 測定不能 180 12-130 U/L
BUN 37 31 16-36 mg/dl
Ca 10.1 10.8 7.8-11.3 mg/dl
CK 51 36 0-314 U/L
CREA 2.6 2.8 0.8-2.4 mg/dl
GLU 86 85 71-159 mg/dl
ヘマト値 20.1 21.3 %

すごいですね!? チャペくん!! 全体的にいい方向に向かっていると思います。
BUNが正常値まで下がりました!!
(CREA値が上がってしまったので、腎臓の状態が改善したとは言い切れませんが..)
ALKP値は上昇しましたが、ALT値は測定不能(1000以上)→180までダウン!!
ヘマト値はわずかながら上昇。

私は、
いっぱい頑張ったチャペくんをほめてあげたいです。

心臓用にニトログリセリンと、
採尿後に膀胱に注入する動物用アミペニックス(5回分),
生理食塩水100ccをもらってきました。

7/12 朝 自力排尿 30cc  心拍数 160  呼吸数24

| コメント (0)

チャペ(ユキチ,ネム)メモ記録6/24~7/10まで

通院メモ記録(自宅記録含む)

6/24  4.3㌔→4.05㌔ 病院採尿量290cc

6/25 心拍数 1分間 172 呼吸数 28

    4.25㌔→4.1㌔ 病院採尿量 195cc

6/26 4.15㌔→4.05㌔ 病院採尿量 100cc

6/27 (祖父の葬儀の為、病院へ行きませんでした。)

6/28 ネム 体重(7.15㌔)

9歳のバースデー検診。白血球が少ないことを除いて、血液検査は、平均値におさまっている。歯の朱肉炎がひどい。以前怪我をした尻尾は、少し曲がってはいるものの、毛が生えて違和感なく、動かせる。これ以上太らせないようにと言われてきました。

チャペ 体重 4.3㌔(採尿後の体重 記録忘れ多分4.1㌔くらい) 採尿量210cc 心拍数 160 呼吸数 20

6/29 自宅採尿 60cc

漢方薬局へ電話。今の調剤漢方がほとんど効果がないことを話す。
14日分残っている漢方薬を着払いにて返送し、新しい調剤漢方を送ってもらう。

6/30 4.35㌔→4.1㌔ 病院採尿量 290cc

7/1 自宅採尿 175cc 夜から新しい漢方薬を飲ませる。

7/2 朝 自力排尿 10cc 4.15㌔→4.05㌔ 採尿量 150cc

7/3 自力排尿 20cc 自宅採尿 115cc

7/4 自力排尿 30cc 自宅採尿 80cc

7/5 自力排尿 朝 20cc,30cc(2回)
   4.2㌔→4.05㌔ 病院採尿量 150cc
   心拍数160 呼吸数20

ユキチ お腹を壊して獣医へ。体重8.5㌔。
フェロベリンを2日分処方される。 2日後、ほぼ完治。

7/6 自力排尿 朝20cc 夜20cc 自宅採尿105cc

7/7 自力排尿 朝20cc,20cc(2回)
   心拍数152 呼吸数20

7/8 自力排尿 朝30cc 昼20cc
   4.25㌔→4.05㌔ 病院採尿量210cc

7/9 自宅採尿 135cc 心拍数168 呼吸数24
   心拍数が高いのでニトロを昼と夜にぬる。

7/10 自力排尿 朝20cc 自宅採尿115cc
    心拍数200 呼吸数28  この日も朝夜とニトロをぬる。
   

最近のチャペくん、寝ていることが多くなりました。  

| コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »