« 2010年5月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年6月

ネムちゃん 頑張れ

6/27はネムちゃんの10歳の誕生日。
獣医さんへ行って血液検査(正常範囲値)と体重測定(7.0キロ)。
猫エイズ検査と白血病検査(どちらも陰性)
ワクチンをしてもらって帰ってきました。

ワクチンの2日後になっても、元気が戻らない。。
注射の際、ワクチンとステロイド,抗ヒスタミン剤は注射してもらってきたのに。。
二日後、休診日だというのに、またステロイドと抗ヒスタミン剤を注射しにいかなければならない。(グスン)

午後5時すぎ...ネムちゃん診察室へ...

体重6.75キロ(2日前は7.0㌔ だった。)(-0.25㌔) 体温39.2度(微熱??)
ワクチンをした場所、腫れ有。

オーツカ(リンゲル液 100cc)
タガメ,シメチジン,ミノファーゲン,デキサメサゾン(ステロイド) 皮下注射する。

どうしてリンゲル液なのですか? ときいたら、ネムは血液検査でどこも悪くないし、脱水症状もおこしてないから、リンゲル液でも、生理食塩水でも、酢酸リ ンゲルでも、乳酸リンゲルでも何でもOKとのこと。前にユキチがお腹を壊していた時は脱水症状を改善する為に生理食塩水を使ったとのこと。

おそらくこれで大丈夫だと思うが、元気にならなかったら連れてきてくださいとのこと。
ワクチンの副作用は、注射後3日後程までで、あとはおさまってくるだろうとのこと。

注射直後にあらわれるアナフィラキシーショク症状はなかったけど、
ワクチン接種は怖いですね。

| コメント (0)

ネフガード

チャペくんがお空へ行って2カ月余り。
早いなぁ。

ユキチのお腹の病気や猫に襲われたことも無事乗り越えて
1ニャン1ワン 2人間 一緒に暮らしています。

ネムちゃんは、6/27で満10歳を迎えます。
だんだん、腎臓も気になる年頃なので
チャペくんにあげていたネフガード(粒)をあげてみました。(ついでにユキチにも)
ユキチもネムも(少しの)カニカマ毎日食べてるから、
腎不全がこわい。その対策でした。。。

ネムちゃんはr/dドライが主食。ユキチはネイチャーズベストのラム&玄米。
どちらもヒルズです。

で、彼らに粒ネフをあげてみました。

ユキチ・・・食べた。間違って噛んだ時は「マズイ」と吐きだした。
ネム・・・食べた。ネフをよくカミカミして味わって食べた。うーん。

粒ネフを噛んで食べる猫さんはそうはいないのでは??
今は粒ネフの在庫がなくなったので粉ネフを購入し、毎朝、黒缶に混ぜて食べさせてます。
時間がくると2匹そろって催促するようになりました。
炭で真黒の黒缶ユキチもネムも喜んで食べます。
これで、腎不全は発症しない...といいな。

ちなみにチャペくんにも毎朝黒缶お供えしてます。
出社前にネムかユキチにお下げ渡し。
お下げ渡しするのを忘れてしまっても、どちらかが、ちゃんと片付けてくれてます。

チャペくん、見守って下さいね。

| コメント (0)

ユキチ 野良猫に襲われる!!

朝のお散歩の時、2匹の猫さんに会いました。今までは、猫は犬を見ると逃げるという先入観があり、「ホラホラ 猫さんだよぉ」とユキチと御挨拶させようとしたのが間違いでした。
1匹の猫がユキチの鼻の横に猫パンチ。爪をしっかり出していたようで、引っかき傷が1本できました。ユキチは腰を抜かして動けなくなりました。逃げようとリードを引っ張って、その場を逃れようとしたのですが、また襲いかかってきて鼻先を再び引っかきました。走って逃げられないと思い、ユキチを抱っこして逃げました。
ユキチの顔を見ると鼻の横に2本の引っかき傷がありました。白い犬に真っ赤な引っかき傷はすごく目立ちました。
ダンナと相談し、いつもの獣医さんではない所へ行きました。先日アレルギー検査を受けており、その結果をもらいに行くついでということもありました。

体重8.85キロ。診察の後、バイトリルを注射。注射した次の日から飲ませるようにと抗生剤アモキシシリン250mg(TOWA)を3日分(6錠)もらってきました。3錠飲ませた所で中止。どうやらこの薬に対してアレルギーだったようです。かゆみが出てきて、水をやたらと飲むようになり、便がやわらかくなりました。獣医さんへ訳を話して残りの3錠を返却しました。

野良猫は怖いということを痛感しました。ユキチもビックリしたことでしょう。
でも、ネムちゃんは大好き。いつもネコパンチされて喜んでます。ネムちゃんは絶対爪を出さないから遊んでもらっていると思ってるみたい。

追記:ユキチの猫好きは引っ掻かれた後も変わらないようです。相変わらず、外猫さん見るとニコニコしながら向かっていきます。引っかき傷は治りましたが、鼻の一部分がピンクになっちゃいました。ダンナは、「薬やめたからだぁ」と言いますが、副作用がひどすぎる薬は即刻やめた方がいいもんね。。

| コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年10月 »